デジタル社会と印刷との関係

最近ではパソコンやスマートフォン、タブレット等が普及しデジタル化しているため、何かの手続きにおいてインターネット上で確認というパターンも増えました。しかし、大事な内容や、一読しただけでは理解が難しいものに関しては、紙面に印刷することが必要不可欠な場合もあります。紙にプリントアウトされることは、何度も見返したり、理解を深めるには最適であり、紙面に残ることで保証書の役割をすることもあります。デジタル化の時代にあっても、ひと目みて確認することができ、どこでも取り出し可能な形に印刷するという作業は、大きな役割を持っています。インターネットで買い物をした場合等も、購入履歴等を印刷しておくことはトラブルを防ぐ対策にもなります。デジタル社会においては、必要な場面において紙面へのプリントを上手に活用することが大切です。

印刷の業界は価格破壊中

印刷機はレンタル料金もかかるし、印刷するごとにけっこうなお金がかかるので、最近の中小企業や自営業の人は、機械を入れずに必要なときだけ外注することがおおいです。街の印刷屋さんは直接原稿のレイアウトや色の相談をしながら、現物を確認して大量に刷ってもらうことができるので、便利で安心です。インターネットの世界では価格破壊がおきています。調べればとても安いものがあります。インターネットでやり取りして刷るだけなら、経費はあまりかからないのです。ただし、安いところは仕上がりの確認なしで、発注したら直ちに刷られて、不満があっても文句は言えないこともあるようです。情報を伝える紙媒体を作るならそれでも問題ありませんが、イメージを伝えるものを作るなら、多少のコストは惜しまず、丁寧に対応してもらえるところを選んだ方がいいでしょう。

プリンターで封筒に印刷する方法

普通のプリンターで普通に封筒に印刷しようとすると、文字がかすれたり、端のほうにインクがベタッとくっついてしまい、うまくいきませんでした。そこで試行錯誤し、綺麗に印刷できるようになった方法をお知らせします。まず、プリンターは手差しできるタイプを使用します。そしてプリンターの設定は「キレイ」にします。次にパソコンの方です。パソコンは設定のところで同じく「キレイ」にします。用紙選択は封筒に設定します。そして次が重要です。こすれ軽減というところがあるのですが、そこにチェックを入れることにより、どんなに工夫してもなくならなかった端についてしまうインクが、つかなくなりました。設定を少し変えるだけでキレイに印刷できるようになることも多いので、うまくいかない時には設定を何度か変え、余っているものでやってみることが大切です。

コメントを残す